ドライフラワー・プリザーブドを使ったジェルキャンドルの作り方

見た目も鮮やかなドライフラワーやプリザーブドフラワーを使ったジェルキャンドルの作り方をご紹介していきます。

 

はじめに

今回作るのはたくさんの花が入ったジェルキャンドルです(冒頭の写真が完成形です)。

ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどの花に限らず、燃えるものをキャンドルに入れる場合には、大小二つの容器を使って作ります。

大きい方の容器にジェルとプリザーブドフラワー、小さい方の容器にキャンドルウィックを入れて二つの容器を重ねます。

こうすることで火を灯した時に花に引火するのを防ぐことができます。

 

用意する材料

今回作る作品に必要な材料はこちらです。

f:id:create-crema:20170325165114p:plain

今回は色とりどりのドライフラワーを使うので、ジェル自体には色付けはしません。

もちろん自分で作る時には色のバランスを見て色付けしても大丈夫です。

ドライフラワー・・・お好みで好きな花・色のものを用意してください。プリザーブドフラワーは少し高いですが、ただの造花よりも見た目がキレイなのでおすすめです。(今回私は赤いバラ・ローズピンクのバラ・白のアジサイを使いました。 )

 

・ガラス容器(大)・・・100均で購入しました。高さ6cm、直径10cmの容器です。

・ガラス容器(小)・・・こちらも100均で購入。ガラスの小皿orココット皿のような感じです。高さ3cm弱、直径7cmです。

ドライフラワーを使ったジェルキャンドルの作り方

それでは作っていきましょう。

基本の作り方

①~④までは基本の作り方と同じです。

①ホットプレートをあたためる。温度は180℃~200℃ですね。

②ジェルを150gはかる。ステンレスカップに入れ、ホットプレートの上で放置、溶かします。ステンレスカップは持ち手もかなり熱くなります。気を付けて!

③ジェルが溶けたらスプーンで少し静かに混ぜてみて、完全に溶けているか確認します。溶けたらホットプレートの温度を120℃に下げ、ジェルの温度を90℃に保つようにします。

④キャンドルウィックをピンセットで持って③の中に入れます。全体が浸って、ヒモから気泡が出なくなれば取り出して少しの間そのまま放置です。

 

⑤ドライフラワーを配置する

容器(大)にドライフラワーを配置していきます。隙間があまりないように詰めていきます。

 

⑥容器二つを重ねる

容器(小)を上に重ねて2カ所程セロテープでとめて固定します(仮止めです)。

この時フラワーのバランスを見て、足りなければピンセットで足していきます。

上から見た図▼

⑦ジェルを入れる

③のジェルを容器(大)に流しいれます。容器の縁1cm下くらいまでの量を入れます。

この状態で少し冷まして、一度固めます。

*容器(小)にジェルが入ってしまったら少し固まったあとに取れば問題ないです☆

⑧仮止めをはずす

ある程度固まったら仮止めのセロテープをはがします。

 

⑨キャンドルウィックをつける

④のキャンドルウィックを容器(小)に固定します。ジェル30gを再び溶かし、キャンドルウィックの金具部分をつけて、容器の真ん中に置きます。ピンセットでくっつけるように押さえるといいでしょう。

 

⑩キャンドルウィックを固定する

キャンドルウィックを割りばしではさみます。割りばしは割らずに、キャンドルウィックを挟んで容器に橋渡しの状態で置きます。

 

⑪ジェルを入れる

容器(小)にジェルを流しいれます。容器の縁下5mm~1cmが好ましいですが、容器(大)のジェルと高さを合わせると美しいです(>_<)

そして冷めるまで放置です。

⑫最終調整

冷めたら割りばしを外し、キャンドルウィックを切って長さを調節したら完成です♪

火を灯すと・・・

火を灯すとこんな感じになります。幻想的な感じがしてキレイですね♪

間接照明としても良いと思います。

[ ドライフラワー・プリザーブドを使ったジェルキャンドルの作り方 ]フラワー2018/05/17 16:45