シェル(貝殻)を使った涼しげジェルキャンドルの作り方

デザインや材料を買えてオリジナルの作品を作ることができますが、定番の材料が『シェル(貝殻)』です。

カラーサンドと組み合わせることで夏らしい涼しげなジェルキャンドルを作ることができます。

とても簡単なので一緒に作ってみてくださいね!

 

シェル(貝殻)ジェルキャンドルの材料

 

今回基本の材料以外で用意したものです。

 

・お好みのシェル

f:id:create-crema:20170823112321j:plain

私はダイソーで買いました。結構たくさん入っていて108円なのでお得です☆

Amazonなどでも買えますが、あまりこだわらないなら100均で済ませた方が安く済むのかなとは思います。

・石

f:id:create-crema:20160728163056j:plain

これはお好みで入れたければ・・・ですかね。

今回はとりあえず入れてみましたが、なくても問題なかったです(笑)

パワーストーンとが売っているようなハンドメイドのお店で買いました。

・カラーサンド

f:id:create-crema:20170726092729j:plain

今回はブラウン色を20g使いました。

・ガラス容器

今回はジャムとかが入ってた円柱型の高さ7~8cm、直径4cmの瓶を使いました。
貝殻をピンセットで入れていくので口が広い容器がおすすめです。

 

シェル(貝殻)ジェルキャンドルの作り方

 

①基本の作り方

まずジェルを温めて溶かし、必要に応じて色やラメ付けをします。

 

②キャンドルウィックを容器の底に固定する

キャンドルウィックを容器の底に固定したら、割りばしを使ってぶれないようにします。

f:id:create-crema:20160728183506j:plain

③カラーサンドを入れる

ブラウンのカラーサンドをお好みの高さまで入れます。

平らではなく、デコボコさせた方が砂浜っぽいかなと思います。

f:id:create-crema:20160728183448j:plain

④シェルや石を配置する

シェルと石をピンセットで慎重に置いていきましょう。360°見渡せる瓶なので、どこから見ても画になるように配置しました。

 

⑤ジェルを注ぐ

あとはジェルを注ぐだけ。

今回は透明+ゴールドラメにしました。あまりラメを入れすぎると気泡と混じってうるさい感じになるので少なめにします。

固まったら完成!

f:id:create-crema:20160728183921j:plain

まとめ

やっぱりジェルキャンドルは日に当てるとキラキラしてキレイですね。

貝殻はジェルキャンドルの材料として相性が良いものなので、ぜひ色々作ってみてくださいね!

[ シェル(貝殻)を使った涼しげジェルキャンドルの作り方 ]シェル(貝)2018/05/11 11:22